Natural Wellness Beauty

  • Wellness栄養

ストレスによる過食のムラムラっ!を防ぐ、4つの策【前編】

ココロもカラダも、私らしくあれ。
ナチュラルウェルネス・ビューティラボのEYEです。

 

今日は、”ドカ食い””過食”ぎみが気になるあなたに
私が経験したことをお伝えさせて下さい。

 

 

私は高校生の頃から20年間、「摂食障害」を患ってきました。

医者に行っていたわけではないので「摂食障害」判定は受けていませんが、
「自分で分かっていた」という意味です。

 

そのため「栄養欠乏」となり、結果、

貧血、肩や首などのコリ、便秘、

のぼせやほてり、カラダのどこかが痺れるなど
いわゆる「自律神経失調症」の症状も出て、

カラダボロボロ~に…。

 

でも、自力でなおしました。

 

 

いまでは、摂食障害の症状(拒食、過食)はもう一切な~し!

超・健康!!!\(^o^)/

 

どうやってここまでに至ったか?について、
克服までに役だった学びと共に、シェアさせて頂きます^^

 

「ドカ食い」の衝動が むらむらっ!と来たときには、
4つの防止策があります。

 

4つの策は、
じっくり効果があるものと、即効性あるもの。

両方あります。

 

もしあなたも、過食やドカ食いにお悩みでしたら、
きっと効果があると思いますので、ぜひ試してみてください。

 

 

 

即効性あり!「思い出そうおふくろの味、ダシ汁!」作戦

 

私のイチオシはこちらの作戦です!

なにせ、即効性あり。これ、ダイジですよね。

 

 

 

拒食・過食嘔吐を繰り返したあの頃のわたし

 

摂食障害だったときの私は、

毎日毎日、仕事に家事に、必死にがんばって、
ストレス溜まりまくり~!!でした。

 

ときどき無性に、食べたくて食べたくて・・・。

噛みたくてたまらない衝動にかられて・・・。

止まらない~~!

 

パンとか油っこいものとか、
甘いものとか、
たくさん食べちゃって、

 

翌日には、
あぁ~・・・またやってしまった~

 

ま~た~太るぅぅ~・・・!!

 

そんな経験をしていました。

 

もしあなたがそんな経験をされていたとしても大丈夫。

 

 

今からお話する方法は即効性があります。

だまされたと思って、一度試してみてくださいね。

 

ちなみにこの方法・・・。

日本摂食障害協会の研究で、
医学的に良いものだと公開されているものなので、
安心して試してみてくださいね。

 

 

・・むらむらっ!キタ~~っ!!

 

この食欲の衝動が襲ってくるときって、

それしか考えられなくて、
異常なまでに神経が高ぶっていませんか?

何を食べたかさえ、覚えていないくらい。。。

一度衝動にかられてしまうと、
「だめよ~!だめだめ!」(←懐・・・)

と思えば思うほど、
いらいらいら~っ!
止まらなくなっちゃいますよね。

 

そんなときに有効なのが、この作戦だ~!!!

 

「思い出そうおふくろの味、ダシ汁!」作戦開始~!

 

私は、もともとダシフェチなのですが
(昆布も鰹もシイタケも^^)

 

食べたぁ~いっ!!
むらむら~っ!と来ちゃったとき、

とりあえずオナカを見たすために
出汁を、ごくごくっ!

っと飲んでいたんです。

そんなことを続けていたら、
ある日、気づいたのです。

 

飲んだあと、
ふ~っっっ・・て、
心臓の鼓動が、なんだかとっても
ゆっくりになっていることに。

 

・・・単に私がダシフェチだからか?
と思っていたのですが、

 

後日、セミナーで、
ダシが良い!と証明されていたことを知り、

「ダシって誰にでも効果あるんだ!」

と、本当に嬉しかったです^^

 

「むらむら~っ!」が来てしまったときの特効薬的に。
まずは、出汁を飲んでみて下さい。

 

いえ、ムラムラ来なくても、
なるべく毎日採るようにして頂けたらなと。

 

※一度に大量に採るのは、
 塩分過剰の心配もあるので、お勧めはしません。

 

出汁をつくるのは、手間もかからないですしね。

お水を沸騰させて出汁パックを入れて、
数分、ぐつぐつぐつ~~で出来ちゃいます♪

 

 

ちなみに・・・

なぜダシ汁が過食衝動を抑えるのに有効なのか?

昆布ダシのきいたスープ(出汁)には
「むらむら~っ!」を抑える要素である

うまみ成分グルタミン酸

が含まれているんです^^

グルタミン酸は、
昆布に含まれるアミノ酸のひとつ。

様々な効果がありますが、中でも、

・脳に必要なGABAの元となり、脳を活性化する。

・生成されたGABAが脳の興奮を抑え、リラックス効果

この効果が、人間の情動、感情、食欲など
本能を司っている「大脳辺縁系」に大きく関係しているのだとか。

つまり、

昆布ダシに含まれるグルタミン酸が
「食欲コントロール」できなくなっている脳への、有効成分なのです。

ダシ=おふくろの味 で、

ほっ・・。

 

これには、そんな効果があったのです^^

 

加えて、あったかスープで、ココロもぽかぽか~。

 

リラックス、倍増~~っ^^

 

最初は味わえなくたって、気にしなくて大丈夫です。

 

少しずつ、少しずつ。

 

じゅわ~。。。

 

自分に染み込ませていると、
「五感」を使って味わうことを、少しずつ、
カラダちゃんが分かるようになってくれると思います。

 

「むらむら〜っ!」としちゃったときは、
ぜひ昆布のダシ汁を試してみてくださいね^^

 

 

「まずい~、もう一杯!プロテイン」作戦!

さて、ふたつめは、
即効性もありつつ、じっくりも効いてくるので継続してほしい作戦です^^

 

摂食障害でヤラれた急所は、腸でした

私が生活改善に取り組みはじめて、
お肌がよみがえったり、冷えが改善したり、
色んな不調や不安が解消されましたが、

一方で、ずっと残り続ける不調が、
いくつかありました。

 

これは良くならないのかなと
諦めていたそのこじらせ不調の一つが”お通じ”。

 

摂食障害がなおったと同時に、
お通じも、完璧!!最高!!
といえるまでになりました。

実は、
過食のムラムラを感じる脳と
お通じに関係する腸が、
密接に、関係しているのです。

腸を良い状態にすると、
食べた~い!!のムラムラも解消してしまうのです。

そこに、腸いえ超!重要な役割を担うのが
たんぱく質

特に過食拒食傾向の方には、
肉・魚などの
”たんぱく質”・・
よりも、
”プロテイン”!

いま、これを知ったあなたは、
きっと、私のように一年も悩まずに済むと思います。

 

ぜひ、試してみてください。

 

ドカ食いをしたり、
何も食べなかったり。

繰り返しているときは、

ドカ食いやよく食べた日の翌朝は、
快腸~\(^o^)/

でも、ドカ食いやめると、
お通じも、

ぴたっ・・・。

これがまた更に、

「過食もたまには必要!」
「ストレスにも、お通じにも効く!」

なんて思わせて、

長い間、
自分に「言い訳」をし続けていました。

 

もし、あなたも、
過食衝動のムラムラに加えて、
お通じにあまり自信がなくても、
心配は無用です。

意外と簡単に、解決できるのです。

「たんぱく質、太るからやだわ」
なんて言わず・・
ちょっと、試してほしいです^^

太るどころか、
すっきり快腸!で
ココロもカラダもすっきりすると思いますよ。

栄養療法を取り入れている
精神科医の藤川徳美先生の理論を
基礎にしていますので、
安心して試してみてくださいね。

 

 

 

・・むらむら~・・っ ときちゃった!

 

でもいま手元に、ダシ汁がない~っ!

ダシだけじゃ、オナカが満たされない~!

ど、ど、どうしよう・・!

そんなピンチの時の救世主が、

「まずい~、もう一杯!プロテイン」作戦、開始!

 

たんぱく質は、
おなかに溜まった感があるので、
一時的なムラムラっ!の衝動を押さえられます。

また、続けて摂取することで腸を強くしてくれるので、
9割が腸内でつくられるという、
副交感神経を優位にしてくれる”しあわせホルモン” を増やし、

脳の食欲コントロールに良い影響をもたらしてくれます。

 

あなたがもし、お通じに少しでも不安があるなら
むらむらっ!の衝動を押さえ、
食欲コントロールを改善するためにも、

プロテインドリンクを続けて採るよう
意識することをおすすめします。

 

ん?

たんぱく質を採ればいいのでは?

なんでわざわざドリンク?

と思われましたか。

 

・・良い質問です!!

 

なぜ、お肉やお魚でなく、プロテインドリンク?

 

実は、動物性たんぱく質(肉魚卵)は
ムラムラを押さえるのに有効ですが、

過食拒食傾向にある方には、
たんぱく質(肉・魚・卵)よりも、
プロテインドリンク(たんぱく質を主成分とするサプリメント)
が、より適しているのです。

 

私が生活改善に挑戦して、

栄養欠乏改善のために、クリニックで指示されたとおり、

動物性たんぱく質

お肉、
お魚、
たまご、

を毎食1~2品は入れるように、かなり気をつけていました。

食事をしっかり採るようになって、

お通じは毎日になり、

「栄養満点だし、快腸だし、やった~っ^^」
と、最初は思いました。

ですが、だんだん・・、

出たら出たで・・・いいけど・・・

イ・タ・イのよ~~!!!!

トイレが辛いの~~!!!

と、イライラやむかむかが溜まってしまって、

摂食障害の衝動も・・

むらむら~っ!

たくさん出てきてしまいました。

 

実は、この「たんぱく質」摂取が、
腸に負担をかけてしまい、
逆効果!になっていたのです!

 

そこで、
◆たんぱくの救世主プロテインドリンク◆
の登場です。

なぜドリンクタイプが良いかというと、

肉・魚・卵などの動物性たんぱく質は、
口から入り、分解していく過程で
食物繊維や水分・油分を多く使ってしまい、
腸に負担をかけていることがあります。

お通じに少し不安がある。
腸の状態があまりよくない。

 

そんな傾向になりがちな、過食・拒食の方には、

動物性たんぱく質を少しでも多くとると、
お通じの固さ・痛さ に繋がってしまうことがあります。

一方プロテインドリンクは、
通常は粉を水で溶かして飲むので
腸への負担なく、たんぱく成分を摂取できます。

また、粉タイプですと
小分けにして持ち運ぶことができます。

ともかく手軽です^^

少しずつ、頻繁に、採ることが、
腸への負担をかけず、改善を積み重ねる
効果へと、繋がるのです。

プロテインドリンクは、
正直、美味しいものではないので(苦笑
慣れるのに少し時間がかかるかもしれません。

ですが、色々な味も出ていますし、
気になる添加物や甘味料などが入っていない
有機やビーガン用など、安全安心のものもあります。

「まずい~っ、もう一杯!」
(このCMネタを知っている方はどれくらいいるのだろう・・)

と、こっそりモノマネしながら、

楽しく続けてみてくださいね。

 

今日もお読みいただき、ありがとうございました!