Natural Wellness Beauty

こんにちは。Eyeです。

私は、長年の鉄欠乏性貧血でした。
今日は、貧血の話をしたいと思います!

私の場合、
”これは体質。仕方ない”
”こんなの大したことない”
と、特に問題だと思わず放置し続けたのが、後から、じわ~・・・っと、きいてきた。

という状況だったので、これを見て下さっている方に対して、
貧血、やばいよ、やばいよ!!
と煽るつもりは、全くありませんが、

私はこうして治ったよ。よかったら参考にどうぞ。

という程度で、私自身の事例を記事にしておきたいと思います。

 

”体質だから仕方ない”? 私の貧血ヒストリー

 

私が貧血と言われたのは、中高生の頃です。

定期健診や、血液検査「ヘモグロビン」の数値を見て、先生に言われることはよくありました。

「貧血ですね? レバーとか食べるようにしてね」

 

私は、一般的によく言われる「貧血のひと」のような、突然ふらっと倒れたりするような症状が、自分には無かったので、特に気にしていませんでした。

「母が貧血なので、体質的にそうなんだと思います」

とこたえ、それが普通だし何ともない。そう自分に言い聞かせていたのです。

 

「体質」=それが普通であり、一生治らないもの。

と思い込んでいました。

 

最近数年分の血液検査の結果があったので参考に載せます。

(g/dL)

’11年>’12年>’13年>’14年>’15年>’16年>’17年>’18年
11.3 > 11.6 > 11.6 > 9.6 > 8.9 > 11.7 > 12.0 > 11.8

基準値:13.5 – 17.6 g/dL

11くらいだったら、女性には当てはまる方、けっこういるのではと思います・・。

 

もうひとつの血を表すデータが、フェリチン。
’17年11月: 11.0
’18年2月:8.2

基準値:30~100

 

回復した今だからこそ思う、私の貧血症状はこんな感じでした。

当時のわたしの貧血症状

 

でもそんなにひどくはなかったので、それほど気にしていなかったんです~・・・

 

貧血改善しようと思ったきっかけ

 

私の場合、アラフォーになって自分の身体がおかしくなって初めて、気づきました。

貧血持ちは、良くないことだと・・・。

まずは、肩こり。
2015年頃から、長年患っていた肩こり首こりが、異常に悪化しました。
腕までしびれて、仕事中なども常にマッサージしていないと痛くてしびれて、たまりません。
整体などで治療してもらっても、またすぐに再発するようになりました。

そのあとから、貧血症状や自律神経失調と言われる症状、立ち眩みやのぼせ、突然の発汗などが出るようになりました。

時を同じくして不妊治療をして、3回すべて流産に終わり。

なんか、変だ。

とそのときはじめて気づいたのです。

 

最初は、これらの症状が、
貧血から来るものだとは、全く、さっっぱり、思ってもいませんでした。

お世話になっている漢方の先生や栄養療法の先生の言葉、
そしてネットで情報検索をしていくなかで、

明らかに「血」が不足していると言われ、
鉄欠乏性の貧血と、血流の悪さ。

が、これらの症状に関係しているらしい。

ということを理解し、先ずは、言われた通りに、
「血」を増やし、「血の流れ」を良くする。
という改善努力をしました。

 

私が実施した、貧血改善活動

 

内と外からの双方向アプローチをしました。

食事・栄養改善

人間の身体の血をつくる、
「たんぱく質」と、「鉄分」をタップリ採っています。
(上述のヘモグロビンは、たんぱく質と鉄の結合体です。)

栄養療法の指導にもとづくと、重度のたんぱく不足・鉄欠乏の私は、
たんぱく質 60g + ヘム鉄 36 mg / 1日
を推奨されています。

最初の頃は、ヘム鉄サプリを大量にざらざら・・・。(栄養療法指導に基づく)
ビタミンCが鉄の吸収の補助をするということで、ヘム鉄+ビタミンCを毎日数回とり、
プロテイン(たんぱく質)をこまめに飲んでいました。

血液検査のデータがある程度上がっても、
生理などの影響ですぐUp Downするので、半年以上、継続しています。

※実験実証のために、2-3か月に一度、血液検査をしています。

 

日常的な体のあたため

貧血 → 冷え は、YESだとしても、
あたため → 貧血改善 の 逆向き矢印は、そうとは言い切れない気がしますが・・

とはいえ、できることはやった方がよい!と、日頃から冷えないようにしています。

 

途中、挫折もありました

最初の頃は、
血流がよくなるって、どういうことかよくわからなかったので、
ひたすら血液検査をちょこちょこ、してばかりいました。

あがったりさがったり、コンマいくつの数値に、一喜一憂して。

そんなことしているうちは、改善されたってわけじゃぁないんですよね~・・・。

 

それから、鉄+たんぱく質は、私に便秘をもたらしました・・・。
これが何より辛かったです・・・。

よく、お肉を食べるとお通じがカタくなるとか聞いたことありませんか?

それと同様です。

当時は、特に私の腸の状態もまだよくなかったので、負担がかかっていたのですね。

ということもあって、
クリニックで言われた分量よりは少なめにして、できるだけ辛くないように、飲んでいました。

 

 

貧血が無いと、こんなにカラダが調子いいなんて!

 

それほどすぐに「効果出てきた!」とは実感できませんでしたが、
数ヶ月して、血液データの改善と共に、なんとなく、

あれ?最近肩こりが無い?

ん?なんか、立ち眩みなくない?

といったように、少しずつ、改善されてきたことを感じるようになりました。

そのころには、ヘモグロビンが12を超え、フェリチンが40近くになっていました。

数値としては基準値よりまだ少し低いですし、栄養療法の先生からするとまだ鉄ざらざら飲ませたいようですが(笑)、
調子が良くなったから、それでいいのだ!て思っています。

 

貧血症状、消えました!

 

なんといっても、カラダがものすごく軽くなった気がします!!!
血がみなぎるって、こういうことなのかと。

 

そして、いまは、
冷えとりグッズもそれほど無くてよく、
お風呂は、ぬるくて充分 になったのです。

身体の芯(内部)の冷えが、改善して、表面温度との差が減ってきたのかもしれません。

すぐのぼせるくせに、お風呂は体温よりかなり高い(40度以上)じゃなきゃ温まった気がしない~
と思っていたのに、それは、冷え・貧血・血流悪し のサインだったのかもしれません。

 

いやほんと、「かくれ貧血」おそるべしです。治ってよかった・・。

 

ちなみに、
運動は、もともとしすぎるほどだったのを、控えめにしたので、
『運動』 による貧血血流改善効果 は、私の場合は感じていません。

 

今後は、血液検査のデータも見つつ、こちらの記事を更新したいと思います^^

 

こんにちは、Eyeです!

 

今日は、

7月に検査した栄養解析の2回目結果が、

引続き 『重度のたんぱく不足』 だったので、

 

たんぱく質の代謝に関係するビタミンB について、

調べた内容と、自分自身の体感を記事にします。

 

私は、はじめて栄養療法の受診で、

と言われて、たーくさんの医療用サプリを処方されたのですが、
ビタミンB の処方容量が、やたら多かったんです。

 

先生や栄養カウンセラーさんの説明では、
正直、理解できなかった。

 

しかも、ビタミンBの医療サプリ、

高ぁ~~っっっ!!

 

言われたとおりに飲んでたら、ビタミンB群だけで
月1万円以上かかっちゃう(医療用サプリの場合)。

いやいや、ないっしょ。
無理、ムリ、むり。

 

最初は言われたとおりに飲んでましたが、
量減らせないか、他で補えないものなのか、調べた結果が、
この記事です。

 

Q: なぜ、ビタミンBが必要なのか。

 

A: 人間の身体、血と肉、骨、皮膚、髪等をつくるのが、たんぱく質。

そして、主成分がたんぱく質である 人間の筋肉や臓器が働いて、
エネルギーをつくったり、代謝や、体の機能・免疫の調整など、
すべてたんぱく質が元となって人間の身体に働きかけている。

その人間にとってとても重要なたんぱく質ですが、
充分な働きをするには、

たんぱく質単体ではダメ。

『補酵素』 がないと、

どれだけたんぱく質(酵素)をとっても、うまく機能しないようです。

 

その補酵素のなかで、特に重要なのが、
ビタミンB群。

ビタミンB群って、ビタミン単体での効果もあるけど、
主要なのが、たんぱく質の分解、吸収などを助けるという役割でした。

 

主要成分(たんぱく質)はビタミンBと一緒に摂取すべき。なんて。

聞いてないよ~ぅ~・・(ココロの叫び)

 

先生の話しだけを鵜呑みにしないで、自分でもちゃんと勉強しないと、ですね。

 

私が理解が深まったサイト:

栄養療法のサイトより:ビタミンB

酵素栄養学のサイトより: 酵素と補酵素

 

医療用ビタミンBサプリは高いのか:

私の勝手な推察です!

ひとくちにビタミンBと言っても、8種類もあるからかな・・。

ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、
ナイアシン(ビタミンB3)、パントテン酸、ビオチン、葉酸・・。

 

活性型ビタミンがコスト高。

非活性型のビタミンは比較的安い。

 

日本の市販品のビタミンBの多くは非活性型のようです。

 

『活性型と非活性型』って?:上記リンク先からの引用

食品から摂ったビタミンB群はそのまますぐには働けません。
いったんからだの中で働ける形(活性型)に変えられてから、やっと働けるようになります。

たとえばビタミンB6の場合。
非活性型: ピリドキシン塩酸塩
活性型: ピリドキサールリン酸、ピリドキサール-5-リン酸(P5P)

非活性のサプリを摂取しても、あまり効果が上がらないときなど、
活性型を選ぶのが良いのですが、
この活性型の製品が、高額なんですね。

 

そりゃそうか。本来身体の中で起こる活性化という作用を施して作られてるんですものね。

 

ビタミンB摂取による私自身の体感:

正直、ビタミンBを採りはじめたからこうなった。

という単体での体感?はありませんが、

たんぱく質 をせっせととり始めて、
お肌ぷりぷりラブラブお通じめっちゃ改善!!

などの効果は感じていますので、

ビタミンBがたんぱく質の『補酵素』として頑張って働いてくれているからなんだな。
と、思っています。

 

『たんぱく質とビタミンBのおかげ』

て、今度から言おうかな♪

 

ちなみに・・ 私が買っているサプリは:
私はいま、クリニック推奨の医療用サプリはやめて、
信頼できる会社の活性型ビタミンBにかえて、だいぶ安く済んでいまーす^^